« ハウスアダプテーション | トップページ | ふり返る »

2006.10.25

ISO

 「くたばれ!ISO」(森田勝 日刊工業新聞社)という本を読んだ.ISO9001,14001について,ISOは,手間と金ばかりかかり,役に立たないという意見があるが,どうせやるなら役に立てようという趣旨の本である.ISOの問題点もいろいろ書いてある.
 まとめれば,ISOを鵜呑みにするのではなく,経営改善のツールとして使うべきであるということだろう.また,ISO自体かなり曖昧な表現があり,審査員の個人的な建会が入る余地があり,その場合には議論すべきである.
 マネジメントシステムの目的に照らして,必要な文書だけを用意すべきで,要求されているからといって盲信すべきではない.最終的に会社を経営していくのは,経営者であり,審査員ではない.PDCAサイクルは,Cからはじめるべきである.検査そのものは無駄である.など,いろいろ面白いことが書いてある.とにかく,ISOは手段で,目的ではないことを銘記するべきである.

|

« ハウスアダプテーション | トップページ | ふり返る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハウスアダプテーション | トップページ | ふり返る »